So-net無料ブログ作成

エルピーダが日台連合

非常によろしいんではないでしょうか。
半導体メモリー(DRAM)世界3位のエルピーダメモリが、台湾の世界6、7位のメーカーと経営統合を視野に資本提携交渉に入ることが25日、分かった。
エルピーダの坂本幸雄社長が年明け早々に台湾を訪れ、本格的な交渉に入り、今年度中の合意を目指す。DRAMメーカーは過当競争による価格下落で経営が悪化している。このため、エルピーダは台湾企業との「日台連合」を組むことで、DRAMのシェア(占有率)を16%から20%超の世界2位に引き上げ、世界最大手で40%のシェアを持つ韓国・サムスン電子を追撃する。
因みに筆者はサムスンのディスプレイとメモリー使っているのだが・・・(笑)

女性のための安心コンドーム通販

チャットレディ募集サイト徹底比較ランキング!

女性のためのラブコスメティック通販

マツケンの役者魂

マツケンの役者魂を見た!
というより芸能人は舞台があれば皆そうするだろうが、それでもやっぱり大した者だと思います。
15日に妻で元女優の友里子さん(享年42)が自殺した俳優・松平健(57)の座長公演が30日、福岡・博多座で千秋楽を迎えた。ステージには一切私情を持ち込まない役者魂を見せつけ、ヒット曲「マツケンサンバ」などを華やかに熱唱。客席からの声援にも「皆さんからたくさんパワーをいただいてるので大丈夫です」とにこやかに答え、最後まで気丈に舞台を務め上げた。
最愛の妻の自殺…悲しみの中、松平がやっとたどり着いた千秋楽に待っていたのは、観客の力いっぱいの拍手だった。
 フィナーレを終えても鳴りやまぬ歓声。カーテンコールに立った松平が「熱いお心をいただいたおかげで、この日を迎えられました。皆さん、その笑顔を忘れず元気に過ごしてください」とあいさつすると、すぐさま客席から「健さんもね!!」と声が上がった。「皆さんのお気持ちに応えられるよう、私もさらにパワーアップしていきたいと思います」と深々と頭を下げると、津波のような拍手が響き続けた。

それにしても何で自殺してしまったんだろう。
子供もいたのに、本当に悔やみきれないだろうな。

1日3分から始める坂本式耳鳴り改善法 口コミ 体験談 感想 レビュー 評価など

眼精疲労治療 口コミ 体験談



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。